蘇民神社 疱瘡神社
御祭神   蘇民将来 御祭神    比比羅木其花麻豆美神
備後風土記に(ふどき)の逸文によれば「昔、北海に坐す武塔神が南海の神女のもとに行かれる途中、日が暮れ一夜の宿を求めて此の地で富み栄えていた弟の巨旦将来(こたんしょうらい)の所へ行ったが断られ、貧しかった兄の蘇民将来は快く宿をお貸しした。年を経て、命は八人の王子をつれて還られた時、蘇民将来の家に立ち寄られ「吾は速須佐能神(すさのおのかみ)なり、後の世に疫病あらば、汝は蘇民将来の子孫と云いて、茅の輪を以って腰に着けたる人は免れるであろう」といわれ、巨旦を誅滅された伝説が残っている。これが今日伝わっている茅の輪くぐりの神事の起こりである。
 今では、この伝説は遠く青森県、岩手県にまで伝わり、ほぼ全国に茅の輪くぐりの神事が執り行われ、「蘇民将来子孫ノ家」と書かれたお札が出されているようである。
創建不詳なれど疫病の流行たる時に祀られたものと考えられる。